River life textile

日々の出来事を通して、和歌山染工の魅力をブログ形式で毎日発信しています。
2015年7月2日
テキスタイルネット展 柄 その4

あまり柄を出しすぎるとよくないことを、昨日はじめて知ってしまいました。

細かく説明しすぎてました。正直に。やってしまいました。

原画とかストーリーは、なんらかの形にして、見てもらえるようにまとめられたらいいなあと考えています。

もう半分は出してしまっているので、今回はすべてご紹介してしまいます。

 

WTN-004  デジタルフラワー2

6

 

 

WTN-007  RIVER

10

 

WTN-008 やまなみ

12

 

 

WTN-006  水面

7

 

 

WTN-005  静寂

11

 

 

これらの柄は、デジタルの表現に挑戦したもの、トレンドカラーを意識したもの、ちがう画材を使ったもの、

いつものスケッチそのままのもの、いろいろあります。どれも実験的です。

私の目標は、流行に関係なく、100年たっても愛される定番の柄を作ることです。

だから自分一人だと、トレンドにあわせたり、機械にあわせた作り方には挑戦していないと思います。

でもやってみると、それなりに柄になって、それを見て喜んでくれる人もいるし、表現の幅もひろがります。

会社で生地を作らせてもらうことは、ほんとうにありがたいことです。

2015年7月1日
テキスタイルネット展 柄 その3

 

ニット素材に対して、伸びる。柔らかい。やさしい。包み込む。そんなイメージをもちました。

ですので、そういうかんじになるような柄を選びました。

 

WTN-014 デジタルフラワー1以外のニットの柄を紹介します。

 

WTN-010  くも

1

 

寒い冬の空の雲は、グレーなことが多くて。

冷たい空気は澄んでいて、薄いイエローの日差しがうっすら雲間から見えた日の、スケッチからです。

 

原画、

 

002_さむい雲

 

 

WTN-011  たんぼ

2

 

 

一面のたんぼに囲まれた建物の中に入った次の日に描いた、スケッチからです。

 

原画

011_たんぼ

ゆがんでいるので、送りつけが大変でした。

でも、ゆがんでいるから、ニットにあうとおもったのです。

 

 

WTN-013  雨の音

 

3

 

雨のスケッチはよくするのですが、このときは音だけを聞いてかいてみました。

 

原画

 

088_雨の音

 

WTN-015  みどりのじゅうたん

4

 

和歌山のジェラートやさんに連れて行ってもらったときに、

食べたところの足下に、ふわふわとした草がぎっしり生えていたときの柄です。

ブロッコリーではありません。

 

原画

 

009_緑のじゅうたん

 

これはスクリーンプリントでやってもらったので、ちゃんと色分解してもらったので、

原画とちょっと感じかわってます。

 

WTN-012  染玉

1

 

 

この柄のもとになったのは、会社のラベルデザインの最初の方で、

にじみながら染まる雰囲気のラベルを作るときにパソコンで描いたときのものを使いました。

 

制作途中のボツラベル。

 

スクリーンショット 2015-06-30 16.13.39

 

 

ラベルでは使われなかったけど、こんなにニットと相性が良くなるなんて。

人生、どのタイミングで良い出会いがあるかわからない、ってことですね。

2015年6月30日
テキスタイルネット展 柄 その2

 

今日は、和歌山にくる前にできた柄の、紹介です。

 

WTN-002  もんきちょう

1

 

井の頭公園で目の前をもんきちょうがものすごいひらひらさせて目の前を飛んでました。

そのあとすぐにスケッチしたものからつくりました。

これは、傘にして展示しようとおもっているのです。

実物はまだ出来てないのですが、イメージとしてはこんな仕上がりになるはず。

TN-007_image

 

原画。ほとんど、このまんまです。

 

44

 

 

WTN-017  プール

2

 

私は水の中が好きで、プールが好きでした。前に泳いでいる人のキックの泡がぶくぶくと見える時、

泳いでいる手を止めて、よく、泡に見とれてしまってました。

 

原画。ほぼ、このまんまです。

 

11

 

 

 

WTN-016  キラキラ

3

 

キラキラは、生き方も人柄も大好きな美容師さんと、一緒に仕事をして生まれた柄です。

毎日の暮らしにあるキラキラとした瞬間を、おすそわけする、というコンセプトで作りました。

コンセプトがしっかりあると、けっこうまよってまよってたどり着くこともあります。

 

さまようスケッチ。

33

 

 

だんだん近づくスケッチ

55

 

 

なんとかおちつく原画。ここからもいろいろさわりました。

22

 

美容師さんは、とっても素敵なコンセプトで、大阪で雑貨のお店もされています↓

http://aku-shu.jp/index.html

なんばパークス5階にお店がありますので、ぜひいってみてください!

 

 

2015年6月29日
テキスタイルネット展 柄 その1

テキスタイルネット展では、RIVER の柄を展示します。

この一週間は、柄の説明をしていこうかなとおもっています。

まずは、本社のエントラス用に作った柄からのものをご紹介します。

 

これは柄番です→  WTN-001  あじさい

 

2 1

 

 

今の入り口の手前の柄です。

A_ぜんたい

 

 

傘も、もっていきます。

 

もととなったスケッチ。

5

 

 

アクリル絵の具で、半円を重ねていって

 

4

 

 

 

3つのあじさいを。黄色をいれたりいろいろ試した結果、今の柄におちつきました。

6

 

 

WTN-014  デジタルフラワー1

3

 

 

 

あじさいのひとつ前の、入り口のディスプレイです。

b

 

後ろっかわの柄を、ニットでプリントしたものを今回はもっていきます。

これはそのまんま、花の写真で作ったコラージュの柄をまず作り、

そこから柄にあったデジタル加工を施したものです。

 

とにかく派手にしなきゃとおもって、こんなかんじの、とんでもなく詰め込む感じから始まりました。

スクリーンショット 2015-06-29 8.19.19

 

ここから、よくいまのとこまで落ち着いたなあとおもいます。

人生どうなるかわからないものですね。

2015年6月22日
インテリアライフスタイル展の話 その2

 

がらす6

 

美しすぎて、すいよせられるようにして展示を見にいってしまいました。

吉沼硝子さん。↓

http://yoshinuma-glass.com/

がらす5

 

係長の新井さん、写真を撮らせてもらってありがとうございました!

 

 

 

めっちゃ日本語が上手だったので、だいぶ話を聞いてから、

台湾の会社であることを知った、 MAGUS のAngelaさん。

いろいろ教えてくださってありがとうございました!

ちょうさん

 

 

かわいい雑貨がたくさんです↓

http://www.magus.com.tw/

 

 

私はブルーが好きなので、あまりにも美しかった焼き物に立ち止まってしまいました。

副島製陶所の、美智子さん。↓

http://soekyu.jp/

HPがとてもかっこいい。

 

 


アリタ

 

この筆に、ブルーの染料をたっぷりふくませて、毛のつけ根を手でにぎって、

手の握力の加減で、色を調節しながら、継ぎ足しなしで一気に書き上げるそうです。

とても集中力がいる仕事です。

そのすごみが、作ったものの美しさとなって、輝いていました。

 

ごす5

 

違う業界でも、

思いのこもったものづくりをしている人とお話をすると、元気がでます。

みなさんありがとうございました!