River life textile

日々の出来事を通して、和歌山染工の魅力をブログ形式で毎日発信しています。
2015年9月17日
技術研究部の宮本部長

 

厳しく指導する上司風

 

8

 

 

なんでも知ってる 評論家風

 

5

 

愉快な先生風


4

 

なんでも演じることができる、

心優しい技術研究部の宮本部長でした。

 

3

 

 

2015年9月16日
営業と技術のとりくみ

 

一階エントランスを変更しました。↓

http://www.wsk.co.jp/contents/showroom/

上記のページではヨコサイズしか登録できず、

全体がはいりませんので、ここでご紹介します。

 

1

 

 

2

 

 

 

4

 

 

パネルにも書いているのですが、

今回は営業と技術の今期の取り組み『見本帳』がテーマです。

営業の人も技術の人も、忙しいながらも

なにか自分たちで動けることをやっていこうということで、

試行錯誤し、会議を重ね、見本帳作成を進めてきました。

いつも明るい営業と、仲良し技術研究部によって、

こんなにたくさんの柄が誕生しました。

ありがたいことです。

 

 

 

2015年8月29日
ざらざらの肌触り

 

こちらも技術研究部のあたらしい素材の試験見本生地です。

ざらざらの、硬い感じになるので、

 

IMGP4525

 

レンガとか、

IMGP4536

 

砂浜とか、

 

あ、赤いTシャツの方は前田さん。

私のお父さんではありません。

樹脂の、前田さんです。

 

IMGP4538

 

石ころとか、

硬い、柄をつけてみているのです。

 

「これを、紙のかわりに・・して、・・するとか、・・とか」

「おお。なるほどね」

 

多田さんが東出さんに説明しております。

いいです、やっぱ現場は。

 

多田さんいつも呼んでくれて、

詳しく工程を教えてくれてありがとうございます。

 

 

 

2015年8月21日
ふわふわの肌触り

技術研究部がつくったあたらしい、

ふわふわの肌触りの見本帳を作るため、

カバーになりそうな柄をいくつか用意しました。

これは色見の生地で、

IMGP3932

 

 

これは、

いまさっき、ふわふわになったばかりの本番生地。

すごく起毛してるんですよ。

伝わるかなー。

 

IMGP4498

 

多田さんは、いつも、

 

IMGP4494

 

 

バンドのTシャツを着ています。

Ken  Yokoyama ‥‥

あ、しってますよ、

クレージーケンバンドの人‥‥

 

IMGP4502

 

「いや、そっちの方じゃない!」

と、注意されましたよ。

多田さんは音楽が好きですから。

2015年7月30日
革調の生地 その1

進歩しています!革のレパートリーが増えています!

お久しぶりです。技術研究部の多田です。

テキスタイルネット展でも展示していた革調の生地を、製品化するために
和歌山に戻ってから、色々試験していました。

↓は以前の展示会でも出していた色の生地ですが、
いろいろ変えました。

image1

 

生地・硬さ・表面の見え方…

image3

こんな色の革は珍しいかも。
そもそも革ではないですが、基本的に綿の薄っぺらの生地です。

そして硬いです

数多くの白生地で、革調の試験を繰り返していました。

image4

 

生地の強度は測定して、物性的にも問題ないレベルであったので、
現在は小ロット生産しています。

また後々になりますが、物性評価・表面の状態・耐洗濯性のデータをアップします!